パケット消費をなるべく抑えるための格安SIM利用法

上限の少ない通信量で格安SIMを使うならば、便利なアプリを駆使してパケット量を切り詰めましょう
まずスマートフォンアプリの中でも使う頻度が高いウェブブラウザを見直すことをおすすめします。
画像などのファイルサイズが大きいデータを圧縮することで読み込みの素早いブラウザなどがあるので使ってみましょう。
転送する量を少なくしながら、表示速度も上げることができます。
低速の回線で利用する場合にも活用できるので便利です。
また、あらかじめWiFi環境でウェブページにあるデータをダウンロードして、外出時にはオフラインの環境で読むという方法もあります。
このような方法を効率的に行えるアプリもあり利用することで転送量が節約できるだけでなく、スマートフォンで読むために整形されるので読みやすくなることもメリットです。
巡回するサイトが決まっているならば、利用価値の高い方法です。

 

さらに、外出している時にスマートフォンで使われることが多い機能として地図アプリがあります。
この地図アプリは大量のデータを取り扱っているので、格安SIMの場合は利用しにくいケースが存在します。
そこで、おすすめなのがWiFiで地図のデータをダウンロードしておく方法です。
表示される待ち時間もないので、スポットの検索やナビを快適に利用できます。

 

毎日ニュースをチェックする方は、ニュースサイトの情報も自宅で保存してから移動中に確認しましょう。
自宅でダウンロードができなかった場合はショッピングモールや喫茶店などで提供されている公衆WiFiを使いましょう。
ネット事業者が展開している独自のサービスや、コンビニなどの店舗内で利用できるタイプ、観光公開や行政が行っている駅や空港で利用できるタイプなどがあります。
利用料が必要なものや無料のものなどサービスによって違いがあるので、把握してから使うようにしましょう。
スマートフォンのWiFi設定からアクセスポイントの登録をすることで利用可能です。